犬が骨肉腫になりました

Twitterでは何回か呟いているんですが、愛犬のジャーマンシェパードが骨肉腫になりました。
それも、通常の四肢ではなく顔面。
今年の十月で十一歳になる、老犬に足を踏み入れた年齢ではあるのですが、今まで病気らしい病気はしたことはなく体重も適正で、大型犬とはいえ十五~十七くらいは狙えるかなと思っていただけにショックでした。

元々は親父がシェパードと暮らすのが夢なんだと言いだして飼いだしたのですが、そんな親父は三年一緒に暮らしただけで突然死。
まぁ最後を看取ったのが、犬だけなので本望だったかも知れないんですが。
そんでもってその後はお袋が溺愛してたものの、一昨年から認知症の症状が顕著になり、去年の今頃にはもう手の施しようがない重度となって施設に入り、施設でも厳しく現在まで入院中。
結局、七年程度で俺の周りから家族が消えるという中、愛犬には随分と癒やされ助けられてきただけに、今回の骨肉腫発症はショックです。

近所のかかりつけの獣医さんの診断で、当初は犬によくある歯から来る腫れとされ、そのまま二ヶ月くらい治療続けたのが失敗だった。
そこで念のためにと大きな病院で検査受ける決断をしていれば、もう少しどうにかなったかなぁと。

というのも、手術で顔の骨肉腫は切除したのですが、骨に食い込みまくってたせいで全ては取り切れず。さらにリンパの検査の結果、転移を始めているとのこと。
現在、目立った転移はないものの、肺に非常に小さなあやしい点があります。
今後は抗がん剤治療を行っていきますが、主治医の教授さんによれば、余命は一年程度だそうです。

現在は痛みもなくなり、元気いっぱいに走り回っているだけに、現実感がないというか、フワリとした漠とした恐怖感に包まれている状況です。

まぁ、こちらが気にしまくって独り落ち込んでても、犬が心配するだけですし、何かしら症状が出るまでは基本忘れて、普通に生活しようかなと思っている次第。

犬や猫などペットを飼っている方は、早め早めの行動をしてあげてください。

なんというか、ここ数年身近に死が多くて、色々と人生観が変わってきそうですわ。

呑気に本人は寝てるけど。
写真 2015-06-22 19 43 26

あ、ファンタジア文庫さんの新作は秋辺りに出せるかなぁと。