メシの話

今年はちゃんとBLOGを更新しようと思った俺がいました。
おかしいな、今はもう行方不明です。
毎日一定量書こうと思った俺は、数年前から行方不明です。

そこで思いました。
メシの話だ。それなら俺の単調で何もない日常でも、なんとか書くことがある……気がする。

いやね、冬の俺は湯豆腐です。
なお、俺にとって冬とは熱燗が欲しくなってコタツを出して、湯煎機も出した時から始まります。例年だと十月から四月上旬まで。
今年は四月の声と共にコタツ上げそうだけど。

で、湯豆腐ですよ、湯豆腐。
近所の豆腐屋が去年壊滅してしまい、市販品に頼るようになったわけですが、セブンイレブンの豆腐って意外にいける。美味しい。
でだ、付け汁。
ネギ、とにかくネギを刻む。ハンバーグに入れるのか! ってくらい刻む。
そこに刻んだ柚皮を少々。
それを醤油につけて三十分以上放置。
そんなかに湯豆腐突っ込んで食うと、とても美味しい。
ネギの味が醤油にしみ出てる上に、ほんのり香る柚。
あっさり味の豆腐が、かなり濃い味で召し上がれます。

あと湯豆腐の出汁な。
昆布ぶっこんで、白だし少々。あとは知らん。
食い終わった汁は、翌日に味噌混ぜて味噌汁にする。味が足りない時は白だし追加。教えてくれた七烏未先生ありがとう。
あと使った昆布は数ミリ幅で刻んで、醤油と白だし適当ミックス+適当水で、中火から弱火でコトコトと三十分以上煮て、美味しくおつまみにします。これ、昆布が上等であればあるほど美味しくなる。

まぁ、冷や奴の時は自分で鰹節削るんだけど。
そんだけの日記でした。
橘は、ひどい時は週の四日は湯豆腐or冷や奴で満足な人間です。

…………………………。
………………。
……いやこれ、メシの話でなくて、酒の肴の話だ……そう、俺は心の中で俺に突っ込みを入れたのであった。