認知の話(孕ませたわけじゃなく

えっらい久しぶりの更新ですね!
BLOG忘れてましたか?
半分忘れてました!
本来、モノを作ってる連中は家庭事情とかそーいうのは、目出度いもん以外は、まぁあんまり出すべきじゃないと思ってるんですよ。
ただまぁ、単行本の延期や、参加予定だった同人誌からの脱落等、色々と出ちゃったもので、ご報告したいと思います。
あとあれだ、一つ区切りがついたので。

実はこの十ヶ月ばかり、自宅介護に勤しんでおりました。
今思えば元々認知症を発症していたであろう母親が、去年の年末から悪化しまして。車を運転して歩道を爆走(自損ですみました)したり、親戚の集まりで暴れたりとして、慌てて病院に、騙して連れて行ったわけです。
はい、認知症でした。
そこからが、長い闘いの始まりでした。
何しろ、我が家は現時母子家庭。母一人、俺一人で、介護っても一人でやるんですよねぇ。
まぁ、あまり詳しく述べるつもりはないんですが、
・ゴミを近所にばらまくので、俺の朝の日課はゴミ回収
・下駄箱から靴を外に投げ捨てるので回収
・鞄や袋に、手当たり次第衣類を詰め込むので、寝静まった頃にしまう
・色々投げつけられる
・五分おきに仕事妨害される
・家を空けると徘徊
・電車で四十分の八王子でも保護されましたね
・ちょっとでも言うこと聞かないと犬を蹴る。犬が俺に助けを求めてくる。庇うと俺が攻撃される
・湯船汚れてて、シャワーしかできません
・洗濯してるつもりだけど、洗剤使ってないよね?
・ずっと調子っぱずれの歌を歌い続けて、俺の気が狂いそう
・中華まん一日二十数個購入
・訪問植木屋に引っかかって六十万
・米軍が家にいた
・飼い犬を迷い犬と言って、外に出そうとする
・俺が分からない
・野球観戦行って軽く呑んだら電話で、警察で○○(お袋のフルネーム)さんが保護されました。酔い醒めたわ。すぐ帰った。
・ショートステイの泊まりのサービス出して、遊びに行って夜も呑む気満々だったら、職員に暴力振るったんで回収してくださいとか。泣く泣く帰った。
等々、おもしろイベント満載でした。

まぁ日常でも、食事は全部俺が用意して、風呂上がりのパジャマに着替えるのもやって、朝夕の薬も出して……。

そもそも、お袋が家にいるとぐっすり寝られないんですわ。
ちょっとした物事で起きる習慣がついちゃってるんですね。徘徊するんで、それを止めたり、一緒に歩いて家に戻したりするために。
熟睡すると、家にいないから。
帰ってくることもあるし、警察からの電話で俺が起きる時もあるし。なんで、お袋がいる時は熟睡不可でした。
まぁ、寝てた時にいきなり顔面に靴を投げつけられた時もあるけど。

介護サービスで、デイサービスが始まってからは、日中寝たけど。
仕事になんねぇ……。
夕方帰ってきたら、そこから二時間はお袋お風呂だの食事だのの世話だし。

ぶっちゃけ、毎日が地獄でしたね。
朝五時くらいから徘徊警戒、暴れるのをなだめて薬を飲ませ、ばらまいたゴミ回収、昼の用意してあげて、仕事、夕方また徘徊始まり、同時進行で夕飯の準備をしてあげ、薬を飲ませて寝かせ、ようやく自由時間――と思いきや、頻繁に起きてくる、無視すると出てくので対応して、自分の時間二時間取ったらもう朝三時。そして五時半から対応が……。
その合間合間で号泣されたりモノを投げられたり歌われ続けたり、死ぬわ。

何度手を上げかけたことか。
俺のプラモデルと魂のエルガイムとか投げつけられて壊れたときとか、俺が号泣だったな、うん。
ボトムズはなんか捨てられてた。
雨のゴミ捨て場に引っ繰り返ってるAT、すごくらしかった。悲しい……。

で、まぁ。
要介護度3でもあるし、もう無理だしってことで有料老人ホームに入居となりました。明日、月曜に入居です。
まだ70歳になってないんで悩んだのですが、俺が壊れ始めたので仕方がないかなと。
あとヘルパーとか手配しないと、家から出られなかったし、てかコンビニ行くだけで怖いからな。

そんなこんなで、色々と仕事が遅れて延期だなんだとあちこちにご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に、こんな俺に付き合ってくださった、一迅社様、オーバーラップ様、美少女文庫様、富士見書房様には、どう感謝の言葉を述べたらいいのか分かりません。
アドバイスもくださったり、本当に助かりました。

あと、糸畑要@戦争は艦娘の顔をしていない(https://twitter.com/boreford)の同人誌に寄稿予定だったんですが、受けた後にさらにお袋が盛り上がったこともあり、無念の辞退となりました。
糸畑さん、本当に申し訳ありませんでした。

てか、他にも色々と約束が抜けててそうで怖いです。
いや、実際日々の地獄のせいで抜けが多くて、指摘されたりしてるもんで……。

そんなこんなで、明日一日は入居で潰れるにしても、心機一転頑張ろうと思います。
とりあえず、五時間熟睡とか久々にしたい。

 
で、こっからは脱線。
この辛い時期、よくもまぁ精神的に壊れなかったなと思うんですが、一つ処方箋がありました。
うん『水曜どうでしょう』
実は俺、いつもの食わず嫌いで見てませんでした。
ただ辛い時期に再放送をちょっと見て、馬鹿笑いして……本当に救われたんですな。
ええ、出てるDVD全部買ったよ。こないだのリアカーも買ったよ。
介護に疲れ切った深夜、飯を食いながら見る水曜どうでしょう。笑いって凄いですね。笑うことで、俺はたぶん精神の均衡を保てたと思う。
悪いんだけど俺の趣味嗜好にマッチしなかっただけだとは思うけど、今の地上派お笑いには一切救われなかったんでだけど、水曜どうでしょうにはマジで救われました。あの暗く、厳しく、地獄で修羅の日々が、思い返しても「あの警察保護はジャングルリベンジ見た日だ」ってんで、そんなにひどい思い出じゃないんですね。
馬鹿笑いは大事だわ。

スマイル党には入らないけど……

 

あとあれだ。
物忘れ多いなってって思ったら、どんどん物忘れ外来に親を連れて行ってあげてください。健康診断とか、そういう風に騙してもいいと思うので。
一部労働組合系、いいたかたないけど左翼系のプロパガンダで、国は介護に関して冷淡でサポートない的な論調がありますが、そんなことはありません。
確かに、どんなサポートがあるかとか、その広報不足はひどいもんですが、ちゃんと知った上で、頼れば、本当に親身になってサポートしてくれます。
もちろん制度なんで限界もありますが、限界なら限界で、その限界を突破する方法を一緒に考えてくれたりします。たとえば介護度を上げる申請とか。
まずは、お近くの地方自治体の保険や介護の窓口に、とにかく電話です。かけた先が間違ってても、ちゃんとつなげてくれるか、掛け直すところを教えてくれるので。
俺は本当に助かりました。今も助かっています。
介護される当事者だけではなく、介護する人間のことも、しっかりサポートしてくれてます。国家の優しさってのを、ある意味初めて感じています。まぁそんだけ税金払ってんだけど。
とにかく、親御さんがそういった診断受けたくないっていうなら、地方自治体の窓口に相談してみてください。
認知症になったらなったで、ちゃんと相談してください。
まずはそこからです。
そこから、暗夜行路に小さくても灯がともります。灯らなくても、相談出来る、理解してくれてる人が出来るって、本当に、本当に違いますから。

まぁ、火曜からは呑む(書け