マイベストスリーサムライドラマ

最近、周囲でブログ熱が高まっている。

そう聞いた。

多分俺の熱は明日明後日には冷めるので、この絶好の機会を捉えて連続更新をしようと思った次第也。

しかも宣伝じゃない也。

これじゃコロ介也。

 

いや、そうじゃなくて。居酒屋巡り以外にあまり趣味がない俺ですが、時代劇は趣味というか大好きです。

もちろん時代小説を読むことも好き。

しかし、時代劇という英訳するとサムライドラマとかいうテレビ番組が大好きなのですよ。

特に好き! 抱いて! 是非見るべきって時代劇が、

・鬼平犯科帳

・剣客商売

・御家人斬九郎

の三シリーズ。

この中で鬼平と剣客商売は、まぁ原作準拠といっていいでしょう。他の話をくっつけたり、付け足したりと改変あったり、ご遺族がもう改変すんな!と怒ったって噂もありますが、おおよそ原作準拠。

両方とも原作もすっげぇ長期連載だったし。

というか、権力者の隠し子で美少女で男装で超強い剣士とかいうチートヒロイン佐々木三冬をあの時代に生み出した池波正太郎の厨二力、まじぱない。

特に初期シリーズの大路恵美さんが演じた三冬は、このままAVで汚して欲しいってほどに、凜々しくて清純で綺麗で、そしてエロかった。悔しさに顔を歪めながら快楽落ちさせたい。

結婚後の寺島しのぶのはなぁ……ばばぁなんだよなぁ。

下に脱線した。

いやでも、結婚直前回だと捕まって縛られて、どー考えても犯されるよねってシーンあったし、主人公大治郎を思って布団の中でオナニー的なシーンもあったし、というか池波正太郎だもん、そりゃエロいシーンがあるわけです。

と、剣客商売は素晴らしい。

鬼平も素晴らしい。

でも、このどっちも、やっぱり原作力で凄い気がする。その証拠に、何度も別俳優でシリーズ化されてるわけです。そのどれもが人気ある。

それに対して、御家人斬九郎は原作力じゃない気がする。

いや、柴田錬三郎の原作面白いですよ? さすがは柴錬、娯楽大衆小説の雄と言われただけある。ちなみに横山光輝の三国志は、最初の頃はほぼ柴錬版です。

いやでも、斬九郎の原作一巻しかないんすわ。

おかげでドラマのストーリーはほぼオリジナル。

確かに、徳川将軍家と血が繋がるが零落した没落御家人で、剣法なんか身についてないけど天然で無敵とか、罪人殺すのが仕事とか、こっちの池波正太郎に負けない厨二設定主人公で、いざとなると葵のご紋を出しちゃう。母親は母親で、喰う。とにかく喰う。ひたすら喰う。

キャラが濃すぎる。

すっごいキャラがいい。

ただ、やっぱりこのシリーズの魅力は渡辺謙に凝縮されると思う。というより、渡辺謙の最高傑作だと思ってる。

あと、暇さえ有ればメシを貪り喰う岸田今日子、可愛い。おばあちゃんだけど、とてもキュート。

忘れちゃいけないのが、若村麻由美。武家の娘なのに芸者やってて、強くて気っぷが良くて美人で色気がない。

塩見三省や益岡徹も……。

このシリーズ、第五シリーズまで六年近くやったわけですが、渡辺謙が歳喰った斬九郎は斬九郎じゃないってんで、終わってしまいました。そして、二度とドラマにならない気がする。

まだ若さが残ってる時の渡辺謙以外には、斬九郎は出来ない。母ちゃんも、岸田今日子以外無理な気がする。

最終回なんて、渡辺謙が力入れまくって監督やってるし。

すごく残念ですが、是非一度見て欲しい作品です。

何しろ、鬼平や剣客と違って、斬九郎はドラマ見ないと中身分からないんだし。

 

最大の問題は、DVD化されてないことだった。

たまに、時代劇チャンネルでやってます。